top

ゼロエミ式キノコ栽培普及会-CiaoJapan-

ゼロエミ式キノコ栽培法はゼロエミッション研究構想のひとつのリンクとして様々な国で導入されているものです。食品廃棄物や野菜残渣などを培地とし、なるべく熱エネルギーを消費しないで、消石灰等で抑菌処理をして、ヒラタケ類を粗放的に栽培する環境負荷のかからないキノコ栽培方法です。日本ではまだ普及していないキノコ栽培方法ですが、自分は99年~02年までコロンビアの現地NGO団体CIAO、また03年よりNPO法人ゼリジャパンにおいて、この栽培方法を実験、実践し、この栽培法を学びました。世界で一番簡単なキノコ栽培の方法だと思っています。このキノコ栽培法を原木栽培法、菌床栽培法に並ぶ第三のキノコ栽培法に育てあげたいと考えています。


ゼロエミ式キノコ栽培実践例


tema 実践例を参考に自分なりのゼロエミ式栽培を開発して楽しんでください。


Blog保存とその他の実験

ブログの記事が雑多になってきたのでこちらに少しずつ移します。中途半端にしたやつも多々あり。実験するならちゃんとデータ取らないとダメですね…

title でキノコ栽培

主 体 CiaoJapan 培地種類 コーヒー粕
地 域 奈良県 調整方法 ペットボトル一体型
規 模 家庭用 水切方法 フタから
場 所 部屋 接種方法 振りかけ
品 種 ヒマラヤヒラタケ 換気方法 ビニール袋ゆる被せ
収 量 自分的には満足 栽培容器 ペットボトル

【考察】発生まで時間がかる感じ。


2008-04-03

コーヒーでキノコ

今回はこれでいきます。



コーヒーの粕コーヒーで す。

h


容器はこれで。

r


水抜きをした時に流れ出さないようにひいておきます。

r


結構な量ありました。

f


いつものように石灰水で浸水作業。

f


なんか凄いことになっています。

k


ビニール袋をかぶせて完了。

1週間放置です。

k


コーヒー粕は前に一度やりましたが

あまりうまくいきませんでした。

今回はどうでしょう?


2008-04-10

熟成コーヒー。。。。。。。。

1週間熟成コーヒーカップ1 



凄いことになってましたw

油浮いてま す..................

g


水抜き。

g


キャップ口にフィルターひいといたんですが

結構流れ出てしまいました.............

g


穴あけて種菌をふりかけ。

g


ビニールをかけなおして培養へ。

g


あまり期待がもてない培地すが、

コーヒーを良く飲む家庭では結構な量がでるので

なんとかうまく利用したいものです。


2008-04-22

いいね。コーヒー。

いい感じです。

菌が順調に伸びているようです。

少しは期待できるような............

j


2008-05-09

カプチーノみたい???

なかなかよく菌がまわっています。

カプチーノのごとく???

ちょっと袋をはずして確認すると真っ白け。

嬉しいです。

これもあとはどうキノコを発生させるかだけです。

作戦たてます。

k

k


2008-05-25

埋められたコーヒー

このコーヒーのロットは4つあるので

そのうち1個を埋没法で発生チャレンジします。



ほんとうは培地をペットボトルから取り出せばよいのですが、

下の方が通気不足のせいか菌がまわりきっていないので

バラバラになる怖れからハサミでカット。

い


湿らせた鹿沼土を入れたプランターにセット。

い


上から軽く鹿沼土をかけて終了。

い


うまくいけばこれでキノコが発生するはずです。


他の3つはとりあえずそのまま。

キノコはまだ出ていませんが菌まわりは順調です。


2008-06-10

赤玉で勝負。

梅雨時期はキノコ発生のチャンス。

菌のまわったものは一気に埋土法で発生させます。



近所のコーナンで買いました。

赤玉14リットル入〔298円×2〕                 プランター〔168円×2〕

あ
赤玉に水をかけ吸水させます。          準備完了。
あ あ


上部は菌まわりがよいようですが、下の方がイマイチ。

通気が足りなかった感じです。

あ あ


思い切ってハサミでペットボトルをカット。

あ


セッティンぐぅー(*^.^*)

あ


上から1センチくらい土をかけて埋めてしまいます。

あ




ついでに前に埋めた培地ももう一度、セットしなおしします。

まったく発生の気配がないので。


埋まっていたのを掘り起こしました。

埋めた当初より菌がまわっているようです。

培養不足だったのかも?

いい菌まわりです。

あ あ



セット。

あ


上から土かけて水をかけました。

あ


なんとかコーヒー成功させたいです。

家庭でコンスタントに出るゴミのひとつなので。

天気が悪くなってくれるのを祈るばかりです。


2008-06-11

菌かき注水

4つのうち3つは埋土法での発生を試していますが、

残りの1つは菌かき注水法でやってみます。

菌かき注水の説明→特許庁のPDF



菌わまりはバッチリです。

k k


スプーンで培地の表面をひっかきます。

k k


ひっかいた後、水を入れます。

これで30分ほど放置。

培地がガチガチだったので、1時間くらいでよかったかも。

k


水を捨てます。

あまり吸水していない感じでした。

k


濡れテッシュを敷いて、

k


逆さにセット。

保湿のためです。

k


袋かぶして発生を待ちます。

うまくいけば数日でキノコの芽が出るはずなんですが.............

k




2008-06-22

気配なし...........

コーヒー粕、

まったくキノコが出てくる気配がありません。

まだ培養不足でしょうか?

気候的には出てもおかしくないのですが...................



菌かきを施したのもこの通り。

まったく気配なし。

菌の再生もあまりしていません。

k


埋めたのも土の表面に菌が伸びてきただけです。

芽は見当たりません。

k


まあ、どっちも雑菌にやられているわけでもなく

培養自体は比較的順調なのでこのまま様子見です。


家庭でよく出るコーヒー粕とお茶はなんとしても成功させたい培地です。

早くキノコ出てほしいもんです。


2008-08-26

キターーっ!☆コーヒー粕の有効利用(ゼロエミ式キノコ栽培)

 

久しぶりの更新です。


先日、PCが壊れ、で数日後には外付けハードディスクが壊れ、

画像、ファイルの復旧に膨大な時間と莫大?な金を消費しました。

その割に消滅多数............(悲)

悲しみにくれていると今度は液晶がクラッシュ!

全てのやる気が失せました。


そして、大好きなオリンピックも始まってしまいキノコはすっかり放置していましたが、

季節もよくなってきたし、そろそろ立ち直って、再度、実験を続けます。




コーヒー粕、やっとキノコが出ました。

約5ヶ月......

長かった.....................



ここのところの雨に加えて

気温がぐっと下がったので一気に発生してくれたようです。

8月末でこの涼しさは感動です。

7月にキノコもっと仕込んでおけばよかったとちょっと後悔です。




梅雨時期に発生させるはずだったのですが....

まさかここまでひっぱられるとは思っていませんでした。

数年前にチャレンジした時は2ヶ月かからないで発生したのですが。


まあ、とりあえずキノコが出てよかったです。

今後もコーヒー粕の実験を続ける意欲がわいてきました。


2008-09-13

よく出てます☆コーヒー粕の有効利用(ゼロエミ式キノコ栽培)

また、発生がはじまりました。

悪条件の中、がんばっています。

ダンボールを取れば、この通りの直射日光。

ダンボール内でも本日37度です。



コーヒー粕はあまり期待していなかったのですが、

よくでている方です。


ちょっと発生まで時間がかかるのが難点ですが。

条件整えれば、もっと早い発生が望めるとは思いますが...

まわりにコーヒー飲みが多いのでちょこちょこ実験続けていきます


2008-09-19

続々と☆コーヒー粕の有効利用(ゼロエミ式キノコ栽培)

台風が近づいてきました。

しかし、キノコには最高の温度、湿度です。



他にもコーヒー粕培地からキノコがでてきています。


でかいです。

2リットルペットボトルを半分にした容器での栽培。

今日、食べます。




下は小さいペットボトルで栽培したもの。

明日から、タイに行くので収穫できません。

ちょっと残念です。

結構、大きくなりそうな芽の感じなんですが。