top

ゼロエミ式キノコ栽培普及会-CiaoJapan-

ゼロエミ式キノコ栽培法はゼロエミッション研究構想のひとつのリンクとして様々な国で導入されているものです。食品廃棄物や野菜残渣などを培地とし、なるべく熱エネルギーを消費しないで、消石灰等で抑菌処理をして、ヒラタケ類を粗放的に栽培する環境負荷のかからないキノコ栽培方法です。日本ではまだ普及していないキノコ栽培方法ですが、自分は99年~02年までコロンビアの現地NGO団体CIAO、また03年よりNPO法人ゼリジャパンにおいて、この栽培方法を実験、実践し、この栽培法を学びました。世界で一番簡単なキノコ栽培の方法だと思っています。このキノコ栽培法を原木栽培法、菌床栽培法に並ぶ第三のキノコ栽培法に育てあげたいと考えています。


ゼロエミ式キノコ栽培実践例


tema 実践例を参考に自分なりのゼロエミ式栽培を開発して楽しんでください。


中規模栽培実践例

多少スペースがある人向けの実践例です。家庭で消費するには十分な量が収穫できます。個人で空きスペースを利用して栽培し、消費できない場合は直売所などで販売することもできると思います。

title 牧 場

牧場内の廃倉庫を利用して栽培しました。培地は付近の農家から出る豆のサヤ、トウモロコシの芯や茎葉、サトウ キビの絞り粕など使いました。これらの培地は形状が水切りがし易く、浸水後、袋を引き上げ小一時間吊るしておけばいい感じに水が切れます。非常に小労力で 栽培できました。週に1回みんなで作業していたのですが、作業後のおいしいご馳走が楽しみでした。

主 体 牧場内の家族 培地種類 豆サヤ、モロコシ芯、サトウキビ粕
地 域 コロンビア 調整方法 改良プラドラム缶
規 模 中規模 水切方法 吊るし
場 所 廃倉庫利用 接種方法 手洗・野外・手振り混合
品 種 ヒマラヤヒラタケ 換気方法 キャップ法
収 量 良好 栽培容器 ビニール袋


この三人が大活躍でした。


フタにする新聞紙をカットしています。


定期的に栽培するので排水口付の浸水バケツを作りました。


培地はトウモロコシの芯、サトウキビの絞り粕、豆のサヤ。いずれも近所の農家のゴミです。多少カビが生えていてもなんとかなります。


培地を入れて石灰水に浸水。お手伝い中です。


これで一週間放置です。


開いていた倉庫を利用です。棚は丸太。なかなかの迫力です。


水切りは吊り下げでしたので、切り切れなかった水分が袋下部に溜まってきます。袋の端をカットして溜まった水を抜いたあとは洗濯バサミでフタしておきました。


きり切れなかった水がたまるよう袋の端をはみ出さしてます。


サトウキビの絞り粕です。これを粉砕して使うともっとキノコがでます。


芽がでてきました。培地は豆のサヤです。


サトウキビの絞り粕。いい感じです。


豆サヤから。いっぱい発生してきました。


トウモロコシの芯。奥のはコンタミしてそうです。


これも豆のサヤ。


この後、アレパコンオンゴスという創作コロンビア料理にしてみんなで食べました。