top

ゼロエミ式キノコ栽培普及会-CiaoJapan-

ゼロエミ式キノコ栽培法はゼロエミッション研究構想のひとつのリンクとして様々な国で導入されているものです。食品廃棄物や野菜残渣などを培地とし、なるべく熱エネルギーを消費しないで、消石灰等で抑菌処理をして、ヒラタケ類を粗放的に栽培する環境負荷のかからないキノコ栽培方法です。日本ではまだ普及していないキノコ栽培方法ですが、自分は99年~02年までコロンビアの現地NGO団体CIAO、また03年よりNPO法人ゼリジャパンにおいて、この栽培方法を実験、実践し、この栽培法を学びました。世界で一番簡単なキノコ栽培の方法だと思っています。このキノコ栽培法を原木栽培法、菌床栽培法に並ぶ第三のキノコ栽培法に育てあげたいと考えています。



ゼロエミ式キノコ栽培実践例


tema 実践例を参考に自分なりのゼロエミ式栽培を開発して楽しんでください。


大規模栽培実践例

スペースがあれば、ゼロエミ式キノコ栽培法を使って商業キノコ栽培が可能です。なんといっても初期コスト、ランニングコストが通常の栽培方法と比べて比較にならないほど低いです。ただ通年栽培をするには、培地の入手先の確保と日本では気温、湿度等の管理が問題になります。

title 農業高校

コーヒー地帯にある農業高校での実践栽培です。地域で処理に困っているコーヒーの果肉の有効利用法のひとつとしてキノコ栽培を導入、実験してしました。

主 体 農業高校の生徒 培地種類 コーヒー果肉、サトウキビ粕
地 域 コロンビア 調整方法 石灰水浸水・プラバケツ
規 模 大規模 水切方法 水切機・吊るし
場 所 専用栽培小屋 接種方法 手袋・室内・上部から
品 種 ヒマラヤヒラタケ 換気方法 キャップ法
収 量 良好 栽培容器 ビニール袋


コロンビアのコーヒー地帯にある農業高校です。


培地の石灰水浸水。よく漬かっています。くさそうです…


これだけあると結構な量栽培できます。入れ過ぎでフタが持ち上がってます…蛇口なしのただのゴミバケツを使用し、ひっくり返して排水していました。女の子はくさいくさいと逃げ回っておりました。



水切り場。一晩吊るして水を切ります。


網目の粗い袋でこの扱い。雑菌つきまくりのはずですが、結構、大丈夫なんです。


水切りを製作しました。吊るし法と併用しています。


いっぱい接種しました。


発菌してきました。培地はサトウキビの絞り粕の粉砕物。種菌は小麦の穀粒種菌です。種菌は一部コンタミしており、あまりいいものではありませんでした。


培養中。


袋の下に水が溜まっています。端をカットして水を抜いた方がいいです。



奥のはコンタミしてます。


コンタミの原因は主にネズミ。ここはネズミがひどかったです。種菌に小麦を使っているのでそれ目当てで来るようです。ネズミを寄せ付けない方策が必要です。


かなり大きな栽培小屋です。棚の吊り下げがロープで簡単でいいです。ただ水平だすのが苦労しているようです。竹や棚が白くぬってあるのは石灰だと思います。雑菌よけの意味があるらしいです。


いよいよ発生です。


コーヒーの果肉からの発生。この地域は大量にコーヒーの果肉が廃棄されます。河川の汚染など問題になっており、有効な利用方法のひとつとしてキノコ栽培を実験しています。


サトウキビの絞り粕の粉砕物です。この地域より少し標高の低いところではサトウキビ栽培が盛んです。


こんなにコンタミしててもたくましく出てくるヒマラヤヒラタケに感動です。